通学路の安全確保へ 防犯カメラの運用開始/八戸

テープカットなどを行った防犯カメラ運用開始式
テープカットなどを行った防犯カメラ運用開始式
八戸市と八戸地区連合防犯協会(会長・小林眞市長)は、市内全ての小中学校で、通学路の安全を見守る防犯カメラの設置を進めている。第1弾として白銀南中に3台のカメラを設置。9日、同校で運用開始式が行われ、同協会や八戸署、市教委など関係者約40人が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録