【原発時10年】避難解除区域、居住3割止まり

 避難指示解除区域と住民の居住率
 避難指示解除区域と住民の居住率
東京電力福島第1原発事故で国の避難指示が出た福島県大熊町や浪江町など11市町村のうち、避難解除された区域に住民票を置く人で、実際に居住するのは31・6%にとどまることが9日、各自治体への取材で分かった。居住率の伸びは年々鈍化傾向にある。 避.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録