震災教訓に減災・避難対策を強化/八戸の臨海工業地帯

東日本大震災の津波を教訓に、エプソンアトミックスは避難やリスク分散の対策を講じている(写真はコラージュ。上から時計回りに、北インター事業所、震災被害を伝えるパネル、必需品を備蓄した避難エリア)
東日本大震災の津波を教訓に、エプソンアトミックスは避難やリスク分散の対策を講じている(写真はコラージュ。上から時計回りに、北インター事業所、震災被害を伝えるパネル、必需品を備蓄した避難エリア)
未曽有の被害をもたらした東日本大震災の大津波を教訓に、八戸市の臨海工業地帯に拠点を構える企業は減災・避難対策を講じている。大規模工場は従業員の人数も多く、一時避難場所の整備や定期的な防災訓練を通して予測不能な自然災害に対応してきた。一方、緊.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録