【米ワクチン供給】人種、所得での偏りに懸念

 1日、米ロサンゼルスでモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを接種する女性(左)(AP=共同)
 1日、米ロサンゼルスでモデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを接種する女性(左)(AP=共同)
【ワシントン共同】三つの新型コロナウイルスワクチンが実用化された米国で、発症を抑える効果が相対的に低いとされるワクチンが非白人や低所得層に偏って供給されるとの懸念が出始めた。バイデン政権は1日、ワクチンの種類と人種や所得水準が結び付けられて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録