【東京五輪・パラ】「男女平等」理念と現実 騒動から変革の動き

 東京五輪・パラリンピックの大会ビジョン
 東京五輪・パラリンピックの大会ビジョン
「多様性と調和」を大会ビジョンの一つとする東京五輪・パラリンピックは、組織委員会の森喜朗前会長による女性蔑視発言で理念と現実の隔たりが浮き彫りになった。ボランティアの辞退者が相次ぎ、スポンサーも声を上げて国際的な騒動に発展。開幕まで半年を切.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録