【恒久停戦協議】アフガン政府とタリバン、将来像で溝

 爆発で死亡したソラブ君の父アガ・サイードさん(左)と母。ソラブ君の思い出を振り返り、泣き崩れた=2月22日、アフガニスタン・チャリカル(共同)
 爆発で死亡したソラブ君の父アガ・サイードさん(左)と母。ソラブ君の思い出を振り返り、泣き崩れた=2月22日、アフガニスタン・チャリカル(共同)
米国とアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンが、昨年2月29日に和平合意を結んでから1年。合意に基づくアフガン政府とタリバンの恒久停戦協議は、将来の国家像を巡り、双方の意見の隔たりが大きく、進展は見通せない。今年4月末とした駐留米軍の撤退期.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録