Free10代女性3人にみだらな行為 元二戸市議会議長に有罪判決/盛岡地裁 

18歳未満と知りながら10代女性3人にみだらな行為をしたとして、青森県青少年健全育成条例違反などの罪に問われた、元二戸市議会議長の行政書士小笠原清晃被告(76)の判決公判が17日、盛岡地裁で開かれ、片岡理知裁判官は懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。

 量刑理由で片岡裁判官は「犯行当時は市議で、法令順守や青少年の健全な成長を率先して図る立場でありながら各犯行に及んでおり、責任の程度は大きい」と指摘。一方、犯行をおおむね認めていることや公職を辞したことなどを考慮し、執行猶予とした。

 判決によると、小笠原被告は昨年3月23日に八戸市内のホテル、6月27日に二戸市内の自身の行政書士事務所、7月22日に一戸町内の駐車場の車内で、それぞれ別の計3人の10代女性に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をした。