Free「ハーブの魅力見つけて」セレクトショップ15日オープン/おいらせ町

「ハーブの魅力を見つけてほしい」と来店を呼び掛ける赤石英二さん(左)美樹さん夫妻
「ハーブの魅力を見つけてほしい」と来店を呼び掛ける赤石英二さん(左)美樹さん夫妻

おいらせ町高田に15日、ハーブ商品を販売するセレクトショップ「FiND(ファインド)」がオープンする。オーナーは、土作りからこだわり、独自の方法でハーブを栽培する、同町の農園「CONSE FARM(コンセファーム)」の赤石英二さん(35)。「来店してハーブの魅力を見つけてほしい」とPRしている。

 赤石さんは2015年にハーブ農園を開園。農薬や化学合成肥料を一切使わず、100種類以上のハーブを育てている。同農園のハーブは香りが強く、味が濃いのが特徴だという。

 ハーブを普及させたいとの思いで、昨年6月ごろから開店に向けて準備を進めてきた。店内には、乾燥前の風味や色味を壊さないように研究して作ったドライハーブのハーブソルトやハーブティーのほか、イタリアンパセリやローズマリーなどの絵柄が入ったマグカップ、ハーブを模したつまみ細工のピアスなどの雑貨も並ぶ。

 妻の美樹さん(34)がアロマテラピーアドバイザーの資格を持つことから、ハーブの香りのエッセンシャルオイルなども販売する。

 赤石さんは「ハーブは敷居が高いと思われがちだが、身近な物だと知ってもらいたい」と話し、美樹さんは「商品を見にきて分からないことは気軽に聞いて」と呼び掛ける。

 ファインドの所在地はおいらせ町高田79の3。毎週月、金、土、日曜営業(15~22日は毎日オープン)。営業時間は午後1時~6時。電話番号は0178(70)5929。
「ハーブの魅力を見つけてほしい」と来店を呼び掛ける赤石英二さん(左)美樹さん夫妻

お気に入り登録