Free朝のニュースダイジェスト(2月13日)

【コロナ感染の1人死亡】
 青森県は12日、新型コロナウイルスに感染し、入院していた70代1人が死亡したことを明らかにした。性別や居住地は遺族の意向で非公表。県内の死亡者は計16人となった。

【八戸西ナイン、知事に意気込み】
 第93回選抜高校野球大会に出場する青森県立八戸西硬式野球部員らが12日、県庁を訪問し、三村申吾知事に「自分たちらしいプレーを見せたい」と意気込みを披露した。

【久慈市予算は震災前水準に】
 久慈市は12日、2021年度一般会計当初予算案を発表した。総額193億2100万円で、前年度当初比8・7%の減。大型復興事業が完了し、震災前の水準に戻った。

【1月水揚げ33%増】
 八戸市水産事務所が12日まとめた1月の八戸港の水揚げ統計によると、数量845トン(前年同月比33%増)、金額2億4091万円(7%減)だった。

【岩手競馬ネット販売好調】
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり需要の高まりを受け、岩手競馬のインターネット投票の売り上げが好調だ。