【十和田市長選・解説】信任投票、責任重く

12年ぶりとなった十和田市長選は、自民党の全面支援を受ける現職に、共産党が独自に擁立した新人が挑む構図で、事実上、現職の信任投票の色合いが濃かった。有権者は小山田久氏の3期12年の実績を評価し、市政継続を選択したが、新型コロナウイルス対策や.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら