【ワッツ―香川】速攻に苦戦、攻守の切り替え課題

相手エースの外国人選手に36得点を奪われるなど、速攻に手を焼き、力負けした青森。失点を70点以下に抑えるという明確な目標を持って試合に臨んだが、北谷稔行アソシエイトヘッドコーチ(AHC)は「攻守の切り替えが悪く、簡単にシュートを決められる場.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら