離陸許可との誤認、最終進入経路の未確認など原因/空自F2滑走路誤進入

三沢飛行場で2019年10月、航空自衛隊三沢基地のF2戦闘機1機が滑走路に誤進入し、民間航空機が着陸をやり直した問題で、運輸安全委員会は21日、調査報告書を公表した。それによると、F2のパイロットが管制官からの出発遅延情報に関する通報を離陸.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら