【八戸えんぶり中止】悔しさの一方、一定の理解/各えんぶり組

新型コロナウイルスの感染状況を考慮して中止へと踏み切った八戸えんぶり(写真はコラージュ。右上から時計回りに、かがり火えんぶり、えんぶり撮影会、お庭えんぶり、一斉摺り)
新型コロナウイルスの感染状況を考慮して中止へと踏み切った八戸えんぶり(写真はコラージュ。右上から時計回りに、かがり火えんぶり、えんぶり撮影会、お庭えんぶり、一斉摺り)
新型コロナウイルスの感染状況などを考慮し、一転して中止へと踏み切った八戸えんぶり(2月17~20日)。開催の期待と感染リスクの不安に揺れてきた、八戸市や近隣の各えんぶり組は「仕方ない」「安心した」などと一定の理解を示した。晴れの舞台を待ちわ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら