青森県重宝、新たに舞楽面と鰐口を指定/南部町「斗賀の霊現堂」にゆかり

県重宝(彫刻)に指定された木造舞楽面の一つ、還城楽(げんじょうらく)(青森県教委提供)
県重宝(彫刻)に指定された木造舞楽面の一つ、還城楽(げんじょうらく)(青森県教委提供)
青森県教委は13日、南部町斗賀神社内のお堂「斗賀の霊現堂」の舞楽で使われていたとされる木造舞楽面11面、猿楽面1面と龍頭4点を県重宝(彫刻)に、霊現堂で使用されていた「鰐口」一口を県重宝(工芸品)にそれぞれ指定した。現在は全て青森市の県立郷.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら