じゅんちゃん一座(十和田市)受賞相次ぐ 寸劇で認知症を分かり伝える活動 各方面から高い評価

小山田久市長(中央)に受賞を報告した竹内淳子診療部長(右から2人目)らじゅんちゃん一座のメンバー
小山田久市長(中央)に受賞を報告した竹内淳子診療部長(右から2人目)らじゅんちゃん一座のメンバー
寸劇を通じて認知症の普及啓発活動に取り組む十和田市のボランティア団体「じゅんちゃん一座」が11月から12月にかけて、全国規模の社会福祉3団体から表彰や助成を受けた。座長を努める市立中央病院メンタルヘルス科の竹内淳子診療部長(55)は、「寸劇.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録