生徒らが学校周辺で環境整備活動/八戸高等支援学校

学校付近の歩道の枯れ草拾いなどに精を出す生徒
学校付近の歩道の枯れ草拾いなどに精を出す生徒
青森県立八戸高等支援学校(大崎光幸校長)の普通科の生徒7人が16日、学校付近の道路で落ち葉回収などの作業を行い、地域住民に喜ばれた。 ワークラーニングという教科で環境整備を学んでいる生徒が参加。普段、学校敷地内で行っている除草作業や、花壇の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら