七戸・天間林小6年生が縄文かるたやガイドブックを制作 地元の二ツ森貝塚など遺跡の特徴を紹介 

制作したかるたやガイドブックを掲げる天間林小の6年生
制作したかるたやガイドブックを掲げる天間林小の6年生
七戸町立天間林小(渡辺浩美校長)の6年生57人が、同町の二ツ森貝塚を含む北海道・北東北の縄文遺跡群を紹介するかるたやガイドブックなどを制作した。12月中に町内外の施設などに寄贈し、縄文文化を広める。 「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら