深久保神明宮が約70年ぶり新社殿に 地域の安寧願う舞披露/八戸

深久保地区と国家の安寧を願って「浦安の舞」が披露された
深久保地区と国家の安寧を願って「浦安の舞」が披露された
八戸市鮫町番屋の深久保神明宮が今年、約70年ぶりに建て替えられた。6日、新社殿で初となる年越祭が行われ、参列した地域住民ら約50人が再建を喜んだほか、深久保地区の安寧と感染症に苦しむ社会の安泰を願う「浦安の舞」が披露された。 同神明宮は19.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら