【新型コロナ】八戸で宿泊施設での療養始まる

八戸市は9日、市内の宿泊施設で、新型コロナウイルス感染者の療養が始まったことを明らかにした。療養施設として8日に稼働。9日現在、9人が入所している。施設のベッド数は約100床。看護師や事務員ら3、4人が対応に当たっている。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら