青銀が名久井農高に検査機器寄贈 八戸中央青果発行の私募債活用

浅利成就校長(右から2人目)に検査機器を贈った贈呈式
浅利成就校長(右から2人目)に検査機器を贈った贈呈式
青森銀行は1日、八戸中央青果(横町芳隆社長)が発行したあおぎんSDGs私募債「未来の創造」の手数料の一部を活用し、青森県立名久井農業高(浅利成就校長)に糖度計と土壌酸度センサー(計約40万円相当)を寄贈した。 私募債を発行した企業が希望する.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら