Free朝のニュースダイジェスト(12月2日)

【同時流行に備えた態勢スタート】
 インフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行に備えた新たな医療態勢が1日、青森県内で始まった。これまでの保健所中心の対応から、かかりつけ医などに変わった。

【庭の木々も冬支度】
 八戸市の市文化教養センター南部会館で1日、庭木を雪の重みから守るため、枝をわら縄でつり上げて固定する「雪つり」作業が始まった。

【横浜町長選が告示】
 任期満了に伴う横浜町長選は1日告示され、いずれも無所属で、5選を目指す現職の野坂充氏(69)と、前町議で新人の石橋勝大氏(79)が立候補を届け出た。

【八戸港に新たなRORO船】
 北海道苫小牧―東京間を運航する栗林商船(東京)のRORO船(貨物専用フェリー)「神王丸」が1日、八戸港に初入港した。

【ホッキガイ漁始まる】
 三沢―八戸沖の通称・北浜海域で1日、ホッキガイ漁が始まった。初日から多くの漁船が操業し、次々と冬の味覚を水揚げした。漁は来年3月末まで。