階上町立大蛇小で閉校式典 118年の歴史に幕

元気に合唱を披露する児童
元気に合唱を披露する児童
階上町立大蛇小(小田桐幸春校長)で28日、閉校式典が開かれた。在校生36人や教職員、保護者らが、これまでの学校生活を懐かしみつつ、118年間の歴史に感謝した。同校は来年度から町立道仏小に統合される。 大蛇小は1902年に大蛇尋常小として創設.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら