「従来の選挙難しい」集会、演説、投票所・・・新たな形の模索続く/青森県内関係者

コロナ禍の中、選挙関係者は新たな活動の形などを模索している(写真はコラージュ。右上から時計回りに、従来の街頭演説、支持者と候補者の握手、感染防止を踏まえた期日前投票所のイメージ)
コロナ禍の中、選挙関係者は新たな活動の形などを模索している(写真はコラージュ。右上から時計回りに、従来の街頭演説、支持者と候補者の握手、感染防止を踏まえた期日前投票所のイメージ)
新型コロナウイルスの収束が見通せない中、青森県内の政治関係者が、選挙対応に頭を悩ませている。特に今後1年以内の選挙が確実な衆院選の陣営関係者は、大勢の人が集まる集会や街頭演説に気を使わなければならず「従来のような選挙は難しい」と推測。インタ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら