「ワーケーション」聖地目指す 十和田・八甲田地域で取り組み本格化

十和田市営宇樽部キャンプ場の専用コテージで、ワーケーションを体験するモニターツアーの参加者。窓辺に紅葉と十和田湖の景色が広がる=10月下旬
十和田市営宇樽部キャンプ場の専用コテージで、ワーケーションを体験するモニターツアーの参加者。窓辺に紅葉と十和田湖の景色が広がる=10月下旬
新型コロナウイルス禍での新たなスタイルとして国などが進める「ワーケーション」。十和田八幡平国立公園内の十和田・八甲田地域でも、推進に向けた取り組みが本格化している。訪日外国人客の回復が見通せない中、宿泊・交通事業者らが通信環境の整備や旅行商.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら