久慈港のギンザケ養殖、3季目試験始まる/密度高め、生存率見極め

海に設置されたいけすにギンザケの稚魚を投入する関係者=6日、久慈湾
海に設置されたいけすにギンザケの稚魚を投入する関係者=6日、久慈湾
久慈市漁協(皀(さいかち)健一郎組合長)が取り組むギンザケの海面養殖で、計画(2019~21年度)の最終年度となる3季目の試験が始まった。いけすを増設し、2基で12万匹を養殖する。1基当たりの密度を2季目(1万8千匹)の約3倍に高め、事業化.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら