「子どもたちに縄文の魅力伝えたい」八戸商高生が縄文土器型クッキーづくり 

生徒(右)と一緒に土器型クッキーを作る児童
生徒(右)と一緒に土器型クッキーを作る児童
青森県立八戸商業高(久保敬悦朗校長)商業科の3年生が10月31日、八戸市の是川縄文館でイベント「土器☆土器☆クッキー」を開いた。縄文の魅力を子どもたちに伝えようと生徒が企画。参加した小学生が、生徒と一緒に縄模様を付けた土器型クッキーを作り、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら