地元企業への定着後押し 久慈市、若者に雇用支援奨励金

遠藤譲一市長(右)から目録を受け取る下舘凌太さん
遠藤譲一市長(右)から目録を受け取る下舘凌太さん
久慈市は10月27日、市独自の雇用支援奨励金の交付を始めた。市内の事業所で新卒から3年勤務した社会人に10万円、6年勤務した社会人に5万円を交付し、若者の地元企業への定着を後押しする。 同日は遠藤譲一市長が2事業所で贈呈。同市の宮城建設では.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら