他人を思いやる言葉、心の健康守る大切さ学ぶ/五戸小

自身の「好きなもの」を発表しあう児童
自身の「好きなもの」を発表しあう児童
五戸町立五戸小(三浦勉校長)で26日、「心が元気になる教室」が開かれ、児童が講話や音楽療法を通じて、他人を思いやる言葉や自身の心の健康を守ることの大切さを学んだ。 教室は、町が2018年度から町内全小学校の4年生を対象に開催している。 この.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら