Free八学大の中道、青森山田高の川原田にSBが指名あいさつ

ソフトバンクのスカウト陣から指名あいさつを受ける川原田純平(中央)=28日、青森山田高
ソフトバンクのスカウト陣から指名あいさつを受ける川原田純平(中央)=28日、青森山田高

プロ野球のドラフト会議で、ソフトバンクから育成2位指名を受けた八学大の中道佑哉投手と、4位指名を受けた青森山田高の川原田純平内野手が28日、球団関係者から指名あいさつを受けた。中道は「結果を残して一日も早く1軍デビューしたい」、川原田は「守備で活躍できるように頑張りたい」とそれぞれ抱負を語った。

 この日は、球団側から福山龍太郎アマスカウトチーフと作山和英アマスカウトチーフ補佐が来県。八学大と青森山田高をそれぞれ訪問し、選手らと対面した。

 中道は「(ソフトバンクは)セ・パ両リーグで一番強いチームという印象があり、ユニホームが着られて光栄。強打者を抑えられるよう頑張る」と決意を述べ、福山チーフは「リーグには左の強打者が多いので、左投手は重要」と期待を込めた。

 一方、川原田について福山チーフは「小柄ながら、難しいプレーも当たり前のようにアウトにできるすばらしい内野手」と絶賛。川原田は「目標はチームの先輩の今宮健太選手。いずれは球界を代表する遊撃手になりたい」と気合十分だった。