三農高生がチェーンソー操作、伐倒作業に挑戦/林業しごと体験

木を切り倒すため、切り口にくさびを打ち込む生徒
木を切り倒すため、切り口にくさびを打ち込む生徒
青森県は22日、十和田市藤島西山の民有林で、若い世代に林業の仕事を知ってもらう「林業しごと体験」を開いた。県立三本木農業高(遠藤剛校長)農業機械科の1年生31人が参加し、樹木を切り倒す作業やチェーンソー、専用重機の操作を体験して、林業の現場.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら