共同代表制 “妥協の産物”の側面強く/新・立民青森県連 

異例とも言える共同代表制の導入に、旧国民民主党県連代表で参院議員の田名部匡代氏と、旧立憲民主党県連代表の山内崇氏は「迅速な組織結成のため」と融和最優先を理由に挙げた。だが、これまでの協議で互いの代表を推して最後まで歩み寄れなかった経緯を踏ま.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら