第1回口頭弁論、新渡戸家側争う姿勢/十和田・記念館明け渡し訴訟

耐震強度不足で廃止した旧十和田市立新渡戸記念館を占有しているとして、建物を所有する市が、土地と主な収蔵品を所有する新渡戸明氏と長男常憲氏を相手に、建物の明け渡しを求めている訴訟の第1回口頭弁論が30日、青森地裁十和田支部(北川瞬裁判官)であ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら