【新型コロナ】感染者の職業非公表を初適用 誹謗中傷対策で

青森市で28日に新型コロナウイルス感染が確認された30代女性は、職業を公表しないと定めた青森県の新たな基準が適用された初のケースとなった。感染者に対する誹謗(ひぼう)中傷を防ぐための対応で、小野寺晃彦市長は会見で「感染に影響がない」と非公表.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら