ミニパネル展「八戸の災害」30日まで/市博物館

風水害の歴史を知ることができるミニパネル展
風水害の歴史を知ることができるミニパネル展
9月の防災月間に合わせ、八戸市博物館(小保内裕之館長)で、ミニパネル展「八戸の災害」が開かれている。近年、各地でゲリラ豪雨などの被害が深刻であることから、「風水害」をテーマとし、写真や文字のパネル、史料など28点を掲示し、自然災害の恐ろしさ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら