三戸郡内で「木の駅プロジェクト」広がる

山林に放置されている未利用の間伐材(林地残材)などを地域通貨で買い取る「木の駅プロジェクト」の取り組みが、三戸郡内で広がっている。2016年度に青森県内で初めてスタートした新郷村は現在、登録会員数が86人に上るほか、18年度に始まった三戸町.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら