三戸町が新型コロナの新たな対応策

三戸町は1日、新型コロナウイルス感染症に関する新たな対応策を明らかにした。「新たな生活様式」の普及を見据え、町内に遠隔勤務に対応する共用の仕事場「コワーキングスペース」を整備。来年4月の供用開始を目指す。経済対策では、売り上げが減少した事業.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら