障害福祉事業所、約4割が「減収」回答/コロナ影響調査で

共産党青森県議団は31日、県内の障害福祉サービス事業所を対象とした、新型コロナウイルスの影響に関するアンケート結果を報道陣に公開した。経営に関する質問で、回答した施設の約4割が「減収した」と答えるなど福祉業界の厳しい現状が浮き彫りとなった。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら