火葬後に残った霊灰供養 故人の成仏願う/八戸仏教会

故人の安らかな眠りを祈る住職
故人の安らかな眠りを祈る住職
八戸市内の41寺院で組織する八戸仏教会(田口豊實会長)は11日、市斎場で、火葬後に残った遺灰を供養する「霊灰盂蘭盆(うらぼん)供養」を行った。住職や葬儀関係者約40人が参列し、故人の冥福を祈った。 故人の成仏を願う仏教奉仕活動として毎年実施.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら