千葉高生が中世の衣装の復元製作

染料で木綿を染める生徒
染料で木綿を染める生徒
八戸市博物館(小保内裕之館長)で25日、中世の衣装の復元製作が行われた。千葉学園高生活文化科3年生の生徒5人が、昔ながらの草木染を体験し、衣装作りに使う木綿布2反を染めながら、日本の服飾文化への関心を高めた。 同館近くの史跡根城の広場では、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら