Freeお得にランチ楽しもう 割引チケットサービス/サン・コンピュータ(八戸)

8月1日からサービスが始まる「Buraンチ」のスマートフォン画面
8月1日からサービスが始まる「Buraンチ」のスマートフォン画面

新型コロナウイルスの影響で外食控えが続く中、飲食店の利用を促そうと、ソフトウエア開発などを手掛ける八戸市のサン・コンピュータ(三浦克之社長)は8月1日から、同社が開発したアプリ「ぶらりん@タウン」を使ったお得な割引チケットサービス「Buraンチ」を始める。同市内の飲食店で使える電子クーポン3千円分(100円券が30枚つづり)を500円で販売。各店舗で食事をした後にクーポンを提示すると会計金額から100円が割引される仕組みで、最大2500円お得になる。
 利用するにはスマートフォンのアプリストアなどからアプリをダウンロードし、クレジットカード情報やユーザー登録をした後、アプリ内でクーポンを購入する。店舗を選んで入店し、食事を楽しんだ後、会計時にクーポン画面を店側に提示すると、会計額から100円が割引される。
 クーポンの利用期間は毎月1日から月末までの1カ月間。割引サービスを受けられるのは1カ月当たり1店舗1回のみだが、1日に利用可能な店舗数に上限はなく、ディナーにも使える。同サービスには居酒屋や和食料理店など約40店が参加。クーポンは利用したい月の前月20日から利用する月の15日まで販売している。
 同社は「いろいろな店でランチをしてもらい、地域活性化にも寄与できれば」としている。
 問い合わせは、サン・コンピュータ=電話0178(21)1255=へ。