青森県発明協会が「初めての科学体験授業」開催/南小(六ケ所)1、2年生が興味深める

自分で作った車型おもちゃのレースを楽しむ児童
自分で作った車型おもちゃのレースを楽しむ児童
青森県発明協会(佐々木忠一会長)は8日、六ケ所村立南小で「初めての科学体験授業」を開き、同校の1、2年生26人が、紙ゼンマイを利用した車型おもちゃの製作を通して科学への興味を深めた。 授業は、子どもの科学的発想や創造性を育み、県の将来の産業.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら