桐材に携わり50年 下駄職人・高村さん(十和田)13日で引退

下駄職人を引退し、鯉艸郷での実演販売を終了する高村憲佑さん=6日、十和田市
下駄職人を引退し、鯉艸郷での実演販売を終了する高村憲佑さん=6日、十和田市
木目が美しく、汚れが目立たないのが特徴の焼桐下駄(きりげた)。制作する十和田市の高村憲佑さん(75)は、青森県内でもすっかり珍しくなった下駄職人だ。近年は同市の観光園「鯉艸郷(りそうきょう)」に絞って実演販売を続けてきたが、高齢などを理由に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら