Free14日「献血の輪プロジェクト」/八戸青年会議所

献血への協力を呼び掛ける広域連携推進委員会の西川英樹委員長
献血への協力を呼び掛ける広域連携推進委員会の西川英樹委員長

新型コロナウイルスの影響で、全国的に輸血用血液が不足していることを踏まえ、八戸青年会議所(大山慎司理事長)は14日、YSアリーナ八戸の駐車場で、「献血の輪プロジェクト~8市町村でつなぐ助け合い~」を実施する。献血協力者には、八戸圏域連携中枢都市圏8市町村内の飲食店が作ったオリジナル弁当一つをプレゼントする。
 献血は20~40分程度。「3密」を避けるため、完全予約制で専用のQRコードから申し込む。時間は午前10時~午後4時半。
 会場では、一般客にもオリジナル弁当(税込み800円)を販売。人との接触機会を減らすため、ドライブスルー形式とし、車から降りずに、注文から受け取りまでをできるように工夫する。弁当販売は午前11時~午後3時半。
 同会議所広域連携推進委員会の西川英樹委員長は「3密を避ける対策を採っているので、ぜひ献血に協力をお願いしたい」と呼び掛けている。
 問い合わせは八戸青年会議所=電話0178(22)5501=へ。