感染予防と経済活動両立へ 「3密」回避、「ソーシャルディスタンス」取り入れ/北奥羽地方

八戸プラザホテルは独自のガイドラインを作成し、円卓や座席の間隔を空けた会食利用を提案する=27日、八戸市
八戸プラザホテルは独自のガイドラインを作成し、円卓や座席の間隔を空けた会食利用を提案する=27日、八戸市
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、北奥羽地方では感染予防と経済活動の両立を目指す動きが広がっている。宴会場を備えるホテルは「3密」を回避し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の考え方を取り入れた会合や会食のプランを.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら