女子トイレ侵入の青森県職員を追起訴/青森地検八戸支部

今年1月、盗撮目的で勤務先の女子トイレに侵入したとして、青森地検八戸支部は24日、建造物侵入の罪で、十和田市三本木千歳森、青森県職員の工藤敬登被告(35)を追起訴した。 起訴内容によると、1月23日ごろ、当時勤務していた十和田合同庁舎の女子.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録