作業員死亡事故、船舶解体業者を略式起訴/八戸区検

八戸港で2018年10月、停泊中の台船内で男性作業員2人が死亡した事故で、八戸区検は8日、八戸市の船舶解体業者と代表取締役の男性(59)を労働安全衛生法違反と業務上過失致死の罪で、略式起訴したと発表した。7日付。 起訴内容によると、危険作業.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録