核燃税条例“納税力”の認識に差 市とRFS、減免折り合えるか 青森県との二重課税も焦点に/むつ市

条例受け入れを求めた宮下宗一郎市長(右から2人目)に対し、減免協議を申し入れた坂本隆社長(左から2人目)=3月30日、むつ市
条例受け入れを求めた宮下宗一郎市長(右から2人目)に対し、減免協議を申し入れた坂本隆社長(左から2人目)=3月30日、むつ市
むつ市が中間貯蔵施設の使用済み核燃料に法定外普通税を課す「使用済燃料税条例案」が3月下旬、市議会で可決、成立した。市は条例施行に必要な総務省との協議に移る予定だったが、納税者となるリサイクル燃料貯蔵(RFS)が減免措置の協議を申し入れたこと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録