【震災から9年】静かな節目、それぞれの鎮魂

海岸近くの献花台の前で手を合わせる人々=11日午後2時半すぎ、野田村
海岸近くの献花台の前で手を合わせる人々=11日午後2時半すぎ、野田村
「あの日、あの時を忘れない」。東日本大震災から丸9年がたった11日、被災地では国内外で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、追悼行事やイベントの中止や縮小が相次いだ。“自粛ムード”の異例の状況で静かな節目を迎える中、北奥羽地.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら