史跡「梅之木遺跡」を解説 是川縄文館で考古学講座

竪穴住居の特徴などについて解説する佐野隆課長(右)
竪穴住居の特徴などについて解説する佐野隆課長(右)
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館で8日、考古学講座が開かれた。後期3回目のこの日は、山梨県北杜市教委学術課の佐野隆課長が、同市にある史跡「梅之木遺跡」の整備と活用をテーマに解説し、受講した市民ら約50人が理解を深めた。 同遺跡は縄文時代中.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら