【北奥羽の地名】易国間(いこくま、風間浦村)/昔は異国の船着き場

北奥羽の地名
北奥羽の地名
下北半島北部、津軽海峡を臨む風間浦村のほぼ中央部には、「易国間」という名前の地区がある。1989(明治22)年の町村制施行まで、易国間村として独立していた地区だ。 村史などによると、易国間は1454年ごろには「湯野沢」という名で通っていたが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録